五島倶楽部通信



富江は

「小さな廃校・集落を未来につなぐ」

 

田尾フラット
富江の玄関口・田尾(たお)

福江から富江に向かうと、トンネルを抜け、まず最初に目にする集落が田尾 ( たお ) 地区です。過疎化がすすみ、今では子どもはほとんどいなくなり、高齢者が多い地区ですが、みんな明るく、元気に頑張っています。

もともと田尾地区は、豊かな山と里、そして、目の前にはうつくしい海岸をもつ自然環境に恵まれた土地です。そんな土地の恵みを活かしながら、田や畑を再生し、人の交流を活発化させ、過疎の解決にもつなげていきたいと考えているのが、田尾地区を拠点に活動する一般社団法人田尾フラットです。



廃校となった小学校を拠点に

田尾フラットの取り組みのシンボルとなるのが「旧田尾 小学校」。2000 年に廃校となり、現在 では老朽化が進ん でいますが、この校舎を、地区のため、そして来訪する方々のために、みんなが交流し地域の未来を生み出せるような場所へ再生させようとしています。

旧田尾小学校が今ではめずらしい木造平屋建てであること。島の人も都会の人も、おとなもこどもも分け隔てなく 集まって欲しいこと。そして、いつでも気軽にふらっと立ち寄ってほしいこと。そんな想いや願いをこめて「田尾フラット」という名前をつけました。



暮らしや自然を知ってもらうこと

そのためにこれまで田植えや稲刈りなどの農作業、子どもキャンプなど様々な体験や交流など田尾の暮らしや自然を五感を使って感じてもらえる取り組みをしてきました。知ってもらうことで、この場所を気にしたり、一緒に考えたりしてくれるきっかけになればと思っています。



よいものを、守り、伝え、育てていく

今後の活動として、田尾フラットとしては4つの柱を考 えています。飲食施設を運営することで、食べることを通じて、つくる人や捕る人とのつながりを伝え、しまの食材や食文化、食物生産を未来につなぐ役割を果たします。

また、しまの食材や五島つばき酵母を使用した発酵食品の研究や開発を行います。独自で米の生産からどぶろくの製造・販売も行います。こちらは来年2019年の冬くらいからの稼働を目指します。体験や空間資源と整えることで、しまの自然やくらしを体験できるプログラムの開発・提供を行う他、この地で暮らしたい人を受け入れる環境整備や発信も担当します。



自然のなかで宿泊する

廃校となった校舎やグラウンドを活用した宿泊事業は、この取り組みを始めた当初は田尾フラットで運営する予定でしたが、この2018 年3月、日本の宿泊業のパイオニアである「藤田観光株式会社」と協力し、デンマークのアウトドアブランド「Nordisk(ノルディスク)」のテントやギ アが体験可能なイタリア・ベニスに次ぐ世界2番目、日本初の「Nordisk Villege Goto Islands(ノルディスクビレッジ・ ゴトウアイランズ)」を展開することとなりました。イメージ画像(TOP画像)にあるように、コットンテントを10張グラウンドに常設し、中にはベッドなどのホテルの ような設えがあり、自然の中で何も準備することなく、バー ベキューやキャンプをしてゆっくりと過ごすことができる 宿泊施設です。

2018 年夏の稼働を目指して、現在準備を始めています。この夏は、奈留島や久賀島の教会堂や集落が世界文化遺産へ登録される予定です。ぜひこの機会に五島へ足を伸ばしてみられてはいかがでしょうか。



田尾フラットさんが考える\富江は。/
未来に残すべき場所。

クリックするとPDFにてご覧いただけます。

過去の五島倶楽部通信

  • 五島倶楽部通信 第五十
七号
  • 五島倶楽部通信 第五十
七号
  • 五島倶楽部通信 第五十
六号
  • 五島倶楽部通信 第五十
六号
  • 五島倶楽部通信 第五十
五号
  • 五島倶楽部通信 第五十
五号
  • 五島倶楽部通信 第五十
四号
  • 五島倶楽部通信 第五十
四号
  • 五島倶楽部通信 第五十
三号
  • 五島倶楽部通信 第五十
三号
  • 五島倶楽部通信 第五十
二号
  • 五島倶楽部通信 第五十
二号
  • 五島倶楽部通信 第五十
一号
  • 五島倶楽部通信 第五十
一号裏
  • 五島倶楽部通信 第五十
号
  • 五島倶楽部通信 第五十
号裏
  • 五島倶楽部通信 第四十九
号
  • 五島倶楽部通信 第四十九
号裏
  • 五島倶楽部通信 第四十八号
  • 五島倶楽部通信 第四十七号
  • 五島倶楽部通信 第四十六号
  • 五島倶楽部通信 第四十五号
  • 五島倶楽部通信 第四十四号
  • 五島倶楽部通信 第四十三号
  • 五島倶楽部通信 第四十二号
  • 五島倶楽部通信 第四十一号
  • 五島倶楽部通信 第四十号
  • 五島倶楽部通信 第三十九号
  • 五島倶楽部通信 第三十八号
  • 五島倶楽部通信 第三十七号
  • 五島倶楽部通信 第三十六号
  • 五島倶楽部通信 第三十五号
  • 五島倶楽部通信 第三十四号
  • 五島倶楽部通信 第三十三号
  • 五島倶楽部通信 第三十二号
  • 五島倶楽部通信 第三十一号
  • 五島倶楽部通信 第三十号
  • 五島倶楽部通信 第二十九号
  • 五島倶楽部通信 第二十八号
  • 五島倶楽部通信 第二十七号
  • 五島倶楽部通信 第二十六号