五島倶楽部通信

富江は

そばをすする音がする

五島列島製麺所 五島列島製麺所 五島列島製麺所 五島列島製麺所
おそば屋さんがオープン

使用されているそば粉は富江で収穫し、製粉されたもの。二八そばに使われている小麦粉も同じく富江産です。以前より富江でそばは育てられていましたが、地域内でわずかに消費されるほかは島外へ出荷されるだけでした。五島列島製麺所はその隠れた富江の名産物だったそばに着目し、新たな名物として全国に発信し、地域を活性化しようとしています。五島の在来種を使用したそばはとても香り高いのが特徴です。そのポテンシャルを活かすために業務用そば打ち機を導入しました。このタイプは長崎県では初となるそうです。そばというと手打ちのイメージがありますが、機械を使うことで多くの人に毎日安定した品質で打ち立てのおいしいそばを提供することが可能となります。むしろ十割そばは、機械の圧力によって手打ちでは出せないほどコシがある麺に仕上がるそうです。



富江の新たな名物

使用されているそば粉は富江で収穫し、製粉されたもの。二八そばに使われている小麦粉も同じく富江産です。以前より富江でそばは育てられていましたが、地域内でわずかに消費されるほかは島外へ出荷されるだけでした。五島列島製麺所はその隠れた富江の名産物だったそばに着目し、新たな名物として全国に発信し、地域を活性化しようとしています。五島の在来種を使用したそばはとても香り高いのが特徴です。そのポテンシャルを活かすために業務用そば打ち機を導入しました。このタイプは長崎県では初となるそうです。そばというと手打ちのイメージがありますが、機械を使うことで多くの人に毎日安定した品質で打ち立てのおいしいそばを提供することが可能となります。むしろ十割そばは、機械の圧力によって手打ちでは出せないほどコシがある麺に仕上がるそうです。



富江をまるごと味わう

そばつゆは同じく富江に工場を構える金沢鮮魚さんの魚醤を使用した特製のつゆ。さらに天ぷらの野菜、肉そばの牛肉や豚肉、そしてもちろん浜口水産のすり身やかまぼこも使用し、まさに富江をまるごと味わえる地産地消のおそば屋さんとなっています。これらのメニューの数々は、前回の五島倶楽部通信で取材をさせていただいた創作郷土料理「いつき」さんの監修によるものです。京都の有名ホテルや歴史のある懐石料理屋さんで培ってきた20年以上の知識と技術が存分に発揮されています。



地域の未来に向けて

五島列島製麺所の社長・山本清和さんは「富江を活性化させたい。これまで観光バスが素通りする街といわれてきたが、地域の人と手を組んで富江を全国にアピールしたい」と語ります。その言葉通り、お店の前には広い駐車場を備え、観光バスで訪れる団体のお客さんを受け入れることが可能です。富江で商売を営むさまざまな事業者たちとタッグを組んで地域を盛り上げていく五島列島製麺所の今後の展開から目が離せません。




 

 




▷▷五島列島製麺所
  • 住所   :   長崎県五島市富江町職人304−9
  •  
  • TEL   :   0959-86-2287
  •  
  • 営業時間   :   11:00-14:30 ・ 日・月・祝定休
    ※夜の営業は要予約。5000円/人から。
  •  
  • WEB   :    https://gotofactory.jp

クリックするとPDFにてご覧いただけます。

過去の五島倶楽部通信

  • 五島倶楽部通信 第七六号
  • 五島倶楽部通信 第七六号
  • 五島倶楽部通信 第七五号
  • 五島倶楽部通信 第七五号
  • 五島倶楽部通信 第七四号
  • 五島倶楽部通信 第七四号
  • 五島倶楽部通信 第七三号
  • 五島倶楽部通信 第七三号
  • 五島倶楽部通信 第七二号
  • 五島倶楽部通信 第七二号
  • 五島倶楽部通信 第七一号
  • 五島倶楽部通信 第七一号
  • 五島倶楽部通信 第七〇号
  • 五島倶楽部通信 第七〇号
  • 五島倶楽部通信 第六十九号
  • 五島倶楽部通信 第六十九号
  • 五島倶楽部通信 第六十八号
  • 五島倶楽部通信 第六十八号
  • 五島倶楽部通信 第六十七号
  • 五島倶楽部通信 第六十七号
  • 五島倶楽部通信 第六十六号
  • 五島倶楽部通信 第六十六号
  • 五島倶楽部通信 第六十五号
  • 五島倶楽部通信 第六十五号
  • 五島倶楽部通信 第六十四号
  • 五島倶楽部通信 第六十四号
  • 五島倶楽部通信 第六十三号
  • 五島倶楽部通信 第六十三号
  • 五島倶楽部通信 第六十二号
  • 五島倶楽部通信 第六十二号
  • 五島倶楽部通信 第六十一号
  • 五島倶楽部通信 第六十一号
  • 五島倶楽部通信 第六十号
  • 五島倶楽部通信 第六十号
  • 五島倶楽部通信 第五十九号
  • 五島倶楽部通信 第五十九号
  • 五島倶楽部通信 第五十八号
  • 五島倶楽部通信 第五十八号
  • 五島倶楽部通信 第五十七号
  • 五島倶楽部通信 第五十七号
  • 五島倶楽部通信 第五十六号
  • 五島倶楽部通信 第五十六号
  • 五島倶楽部通信 第五十五号
  • 五島倶楽部通信 第五十五号
  • 五島倶楽部通信 第五十四号
  • 五島倶楽部通信 第五十四号
  • 五島倶楽部通信 第五十三号
  • 五島倶楽部通信 第五十三号
  • 五島倶楽部通信 第五十二号
  • 五島倶楽部通信 第五十二号
  • 五島倶楽部通信 第五十一号
  • 五島倶楽部通信 第五十一号裏
  • 五島倶楽部通信 第五十号
  • 五島倶楽部通信 第五十号裏
  • 五島倶楽部通信 第四十九号
  • 五島倶楽部通信 第四十九号裏
  • 五島倶楽部通信 第四十八号
  • 五島倶楽部通信 第四十七号
  • 五島倶楽部通信 第四十六号
  • 五島倶楽部通信 第四十五号
  • 五島倶楽部通信 第四十四号
  • 五島倶楽部通信 第四十三号
  • 五島倶楽部通信 第四十二号
  • 五島倶楽部通信 第四十一号
  • 五島倶楽部通信 第四十号
  • 五島倶楽部通信 第三十九号
  • 五島倶楽部通信 第三十八号
  • 五島倶楽部通信 第三十七号
  • 五島倶楽部通信 第三十六号
  • 五島倶楽部通信 第三十五号
  • 五島倶楽部通信 第三十四号
  • 五島倶楽部通信 第三十三号
  • 五島倶楽部通信 第三十二号
  • 五島倶楽部通信 第三十一号
  • 五島倶楽部通信 第三十号
  • 五島倶楽部通信 第二十九号
  • 五島倶楽部通信 第二十八号
  • 五島倶楽部通信 第二十七号
  • 五島倶楽部通信 第二十六号