五島倶楽部通信

富江は

「古くから伝わるお祭りがある」

富江例大祭

300年以上の歴史

富江には300年以上続いていると言われる伝統的なお祭りがあります。それは富江神社例大祭です。富江神社は五島富江藩の総社として1660年ごろから明治時代まで藩の庇護のもとにあり、猿田彦境内社や保食境内社が摂社として祀られています。 この例大祭は毎年10月14日から17日にかけて行われています。ふつうのお祭りは参加しやすいように土日を絡めて開催されるのが一般的ですが、富江神社例大祭はたとえ期間中が全て平日だろうと日付を変えることはなく、有給や代休をとって参加される方も少なくありません。 例大祭期間中は住民たちの協力によって富江町内に半紙と稲藁が差し込まれたしめ縄が張られます。 お祭りといっても屋台や夜店のようなものは一切なく、緊張感のある荘厳な空気が町中に漂います。

日本一遅い(?)お神輿

神輿を揺らす このお祭りの特徴は、何といってもお神輿の独特の練り方です。その歩みは1時間におよそ200メートルと言われ、一説には日本一進むのが遅いお神輿ともいわれています。 16人で担いだお神輿を、笛太鼓の音色と共に右に左に大きく振り動かし、数十センチ進むごとに立ち止まって頭上まで持ちあげる動作を基本としてゆっくりゆっくり進んでいきます。お神輿を先導する役目の男性が、左右の担ぎ棒を両手でしっかりと押さえつけて早く進むもうとする担ぎ手たちを阻止します。 さらに交差点など見物人の多い場所に差し掛かると、「やらえんか!」(「やらないのか」という意味)の掛け声とともに担ぎ手の男性全員でお神輿を船を揺らすように激しく揺さぶります。 最終日のお上りの際、富江神社の鳥居をくぐる時には、担ぎ手の男性たちはお祭りを終わらせようと鳥居にお神輿を押し込む側と、鳥居の直下でお神輿を抑え込む側と二手に分かれ、激しいぶつかり合いを行い、お祭りは圧巻のクライマックスを迎えます。 重いお神輿を3日間に渡って担ぎ続けるので、担ぎ手の男性たちは一苦労です。最終日が終わる頃には疲労とともに肩が腫れ、慣れないうちは服が擦れるだけでも痛みが走ります。しかし、お揃いの法被を着て、町内を巡る先々で奉納される食事やお酒を口にしながら3日間担ぐと、終わる頃には自然と連帯感が生まれています。ずっと富江で暮らしている方も、移住してきた方も、そして年齢も分け隔てなく仲良くなることができます。 お神輿を担ぐのは基本的には成人男性ですが、小・中学生の男女が担ぐことのできる子ども神輿もあります。最終日には商店街で恒例の餅まきも行われ、地域にとってなくてはならない神事です。 子供神輿

伝統継承のために

この伝統的なお祭りは、地元の有志による「みこし保存会」が中心となって継承されています。数年前には島外で暮らす人を対象とした富江神社例大祭体験ツアーを開催し、新たな担ぎ手の確保と伝統の継承を積極的に行っています。 とはいえ、日付が固定されているため仕事との兼ね合いで参加できなかったり、少子高齢化が原因で近年は担ぎ手が不足しています。 漁師町だけあり、かつては血気盛んな若者たちがお神輿の担ぎ棒をめぐって争うこともあったそうですが、現在は担ぎ手の平均年齢が上がり、人数も少なくなったこともあり、和気あいあいとした雰囲気です。 今年はぜひ皆さんもご見学、もしくは参加してみてはいかがでしょうか? 法被を持っていなくてもご安心ください。みこし保存会では法被の販売とレンタルもしています。 町廻りでは浜口水産のばらもん揚げも振る舞われますよ!

クリックするとPDFにてご覧いただけます。

過去の五島倶楽部通信

  • 五島倶楽部通信 第六十一号
  • 五島倶楽部通信 第六十一号
  • 五島倶楽部通信 第六十
号
  • 五島倶楽部通信 第六十号
  • 五島倶楽部通信 第五十
九号
  • 五島倶楽部通信 第五十
九号
  • 五島倶楽部通信 第五十
八号
  • 五島倶楽部通信 第五十
八号
  • 五島倶楽部通信 第五十
七号
  • 五島倶楽部通信 第五十
七号
  • 五島倶楽部通信 第五十
六号
  • 五島倶楽部通信 第五十
六号
  • 五島倶楽部通信 第五十
五号
  • 五島倶楽部通信 第五十
五号
  • 五島倶楽部通信 第五十
四号
  • 五島倶楽部通信 第五十
四号
  • 五島倶楽部通信 第五十
三号
  • 五島倶楽部通信 第五十
三号
  • 五島倶楽部通信 第五十
二号
  • 五島倶楽部通信 第五十
二号
  • 五島倶楽部通信 第五十
一号
  • 五島倶楽部通信 第五十
一号裏
  • 五島倶楽部通信 第五十
号
  • 五島倶楽部通信 第五十
号裏
  • 五島倶楽部通信 第四十九
号
  • 五島倶楽部通信 第四十九
号裏
  • 五島倶楽部通信 第四十八号
  • 五島倶楽部通信 第四十七号
  • 五島倶楽部通信 第四十六号
  • 五島倶楽部通信 第四十五号
  • 五島倶楽部通信 第四十四号
  • 五島倶楽部通信 第四十三号
  • 五島倶楽部通信 第四十二号
  • 五島倶楽部通信 第四十一号
  • 五島倶楽部通信 第四十号
  • 五島倶楽部通信 第三十九号
  • 五島倶楽部通信 第三十八号
  • 五島倶楽部通信 第三十七号
  • 五島倶楽部通信 第三十六号
  • 五島倶楽部通信 第三十五号
  • 五島倶楽部通信 第三十四号
  • 五島倶楽部通信 第三十三号
  • 五島倶楽部通信 第三十二号
  • 五島倶楽部通信 第三十一号
  • 五島倶楽部通信 第三十号
  • 五島倶楽部通信 第二十九号
  • 五島倶楽部通信 第二十八号
  • 五島倶楽部通信 第二十七号
  • 五島倶楽部通信 第二十六号