五島倶楽部通信

富江は

最高級のひじきがある。

日本人にとっては昔からお馴染みの食材、ひじき。今回は55年間にわたってひじき加工を専業にしている富江のマルキン水産食品をご紹介いたします。前回ご紹介した山戸海産とは兄弟企業にあたります。山戸海産のするめと同じく、マルキン水産食品のひじきも、非常に手間のかかる製法で作られています。



こだわりの天日干し

収穫して素干しされたひじきを、天気の良い日にまず塩抜きのため2回、水洗いします。そのあとステンレス製の釜で 蒸し、工場前の専用敷地に手作業で広げられ、天日干しをします。夏場で丸1日、冬季は2~3日かかります。そしてひ じきの色合いを均ーにするため、煮汁に戻し、仕上げとしてさらにl~2日、天日干しを行います。機械を使った熱風乾 燥であれば天気に左右されませんが、特有の匂いがついてしまうので、手間がかかっても天日干しにこだわっています。乾燥したひじきの最終的な重さは、生の状態に比べておよそ10分のlになります。



最高品質のために

ひじきづくりの本格的な作業はここからです。天日干しされたひじぎは、手作業で長ひじきと芽ひじきに選別されます。それらのひじきは色の悪い不 良品、埃や小石、貝殻、砂などの異物を取り除くため、風力選別機、色彩 選別機、ふるい、金属探知器に通されます。さらに最終的には目視による 選別作業を行ったうえで丁寧に袋詰めされ、出荷されます。これらの作業 はとても手間がかかりますが、香り豊かで安心安全なひじきに仕上げるためには欠かせない作業なのです。



芽ひじきと長ひじき

ところで、ひじきには大きく分けて芽ひじきと長ひじきがあります。芽ひじき はひじきの葉の部分のことです。柔らかく、水で早く戻すことができます。ほかの食材と絡みやすいのが特徴です。長ひじきは「茎ひじき」とも呼 ばれます。その名の通りひじきの茎の部分で、歯応えがあります。ボリュームがあり、しっかりした食感が特徴です。1本のひじきの原藻から採れる割合は芽ひじき80~90%、長ひじきl 0~20%ほどになるので、長ひじきのほうが高級品とされています。



ひじきのこれから

現在、一般的に流通しているひじきの多くは中国や韓国から輸入されたもので、国産のひじきはおよそl割程度しかありません。五島でもかつては年間40トン以上のひじきが取れたそうですが、現在は2トンほどしか取れません。温暖化、磯焼け、乱獲、区画整理の土砂など様々な要因が重なっているといわれています。また、ひじきなどの海藻が減 ると、魚やイカが卵をうみつける場所もなくなるので生態系および漁獲量にも影響が出てきます。さらに近年は新型コロナウィルスの影響で学校給食がなくなったため、消費量も減少し、国産ひじきの未来は決して明るいといえないようです。ふだん何気なく食べているひじきですが、自然のめぐみとひじきづくりを支える人々の労力に感謝しながら、あらためて味わって食べてみてはいかがでしょうか。







▷▷マルキン水産
  • 住所   :   長崎県五島市富江町松尾785
  •  
  • TEL   :   0959-86-0306
  •  
  • FAX   :   0959-86-0306
  •  
  • インターネット購入   :   →山戸海産Webページ内へ

クリックするとPDFにてご覧いただけます。

過去の五島倶楽部通信

  • 五島倶楽部通信 第七四号
  • 五島倶楽部通信 第七四号
  • 五島倶楽部通信 第七三号
  • 五島倶楽部通信 第七三号
  • 五島倶楽部通信 第七二号
  • 五島倶楽部通信 第七二号
  • 五島倶楽部通信 第七一号
  • 五島倶楽部通信 第七一号
  • 五島倶楽部通信 第七〇号
  • 五島倶楽部通信 第七〇号
  • 五島倶楽部通信 第六十九号
  • 五島倶楽部通信 第六十九号
  • 五島倶楽部通信 第六十八号
  • 五島倶楽部通信 第六十八号
  • 五島倶楽部通信 第六十七号
  • 五島倶楽部通信 第六十七号
  • 五島倶楽部通信 第六十六号
  • 五島倶楽部通信 第六十六号
  • 五島倶楽部通信 第六十五号
  • 五島倶楽部通信 第六十五号
  • 五島倶楽部通信 第六十四号
  • 五島倶楽部通信 第六十四号
  • 五島倶楽部通信 第六十三号
  • 五島倶楽部通信 第六十三号
  • 五島倶楽部通信 第六十二号
  • 五島倶楽部通信 第六十二号
  • 五島倶楽部通信 第六十一号
  • 五島倶楽部通信 第六十一号
  • 五島倶楽部通信 第六十号
  • 五島倶楽部通信 第六十号
  • 五島倶楽部通信 第五十九号
  • 五島倶楽部通信 第五十九号
  • 五島倶楽部通信 第五十八号
  • 五島倶楽部通信 第五十八号
  • 五島倶楽部通信 第五十七号
  • 五島倶楽部通信 第五十七号
  • 五島倶楽部通信 第五十六号
  • 五島倶楽部通信 第五十六号
  • 五島倶楽部通信 第五十五号
  • 五島倶楽部通信 第五十五号
  • 五島倶楽部通信 第五十四号
  • 五島倶楽部通信 第五十四号
  • 五島倶楽部通信 第五十三号
  • 五島倶楽部通信 第五十三号
  • 五島倶楽部通信 第五十二号
  • 五島倶楽部通信 第五十二号
  • 五島倶楽部通信 第五十一号
  • 五島倶楽部通信 第五十一号裏
  • 五島倶楽部通信 第五十号
  • 五島倶楽部通信 第五十号裏
  • 五島倶楽部通信 第四十九号
  • 五島倶楽部通信 第四十九号裏
  • 五島倶楽部通信 第四十八号
  • 五島倶楽部通信 第四十七号
  • 五島倶楽部通信 第四十六号
  • 五島倶楽部通信 第四十五号
  • 五島倶楽部通信 第四十四号
  • 五島倶楽部通信 第四十三号
  • 五島倶楽部通信 第四十二号
  • 五島倶楽部通信 第四十一号
  • 五島倶楽部通信 第四十号
  • 五島倶楽部通信 第三十九号
  • 五島倶楽部通信 第三十八号
  • 五島倶楽部通信 第三十七号
  • 五島倶楽部通信 第三十六号
  • 五島倶楽部通信 第三十五号
  • 五島倶楽部通信 第三十四号
  • 五島倶楽部通信 第三十三号
  • 五島倶楽部通信 第三十二号
  • 五島倶楽部通信 第三十一号
  • 五島倶楽部通信 第三十号
  • 五島倶楽部通信 第二十九号
  • 五島倶楽部通信 第二十八号
  • 五島倶楽部通信 第二十七号
  • 五島倶楽部通信 第二十六号