浜口書庫

富江は

京料理が味わえる。

個室で楽しむ本格料理

富江には2018年にオープンしたばかりの「創作郷土料理いつき」という料理屋さんがあります。昼と夜に、それぞれ1日1組限定でコース形式の和食を提供しています。五島では珍しい完全個室のプライベートな空間で提供されるこだわりの料理には地元から島 外の人までファンも多く、すでに富江を代表するお店といっても過言ではありません。



富江で京都を味わう

「いつき」というお店の名前は、芦屋のお店から引き継いだもの。お子さんの名前に使われている「樹」という漢字が由来になっているそうです。料理長の出口まことさんは兵庫県出身。大阪のヒルトンホテル、リッツカールトンで修行をし、京都の歴史ある懐石 料理店のたん熊では料理長を勤めていました。独立後はご自身のお店を芦屋で経営していましたが、子育てを機に奥様の故郷である五島への移住を決めたそうです。京都で20年以上料理人を務めてきた出口さん。素材と出汁を大切にした本格的な和食を 富江で味わうことができます。



五島産へのこだわり

料理に使われる食材のほとんどは五島産です。雄大な自然の中で育まれた五島牛に、五島灘で獲れた新鮮な魚。そして畑から採ったばかりの野菜。これらの食材は懐石料理 ならではの出汁を中心とした上品な味つけで仕上げられ、食材が本来もつ滋味を存分 に引き出します。なんといっても最大の特徴は、前菜の後に運ばれてくる一枚板に盛り付けられたお料理の数々。そのビジュアルには思わず声を上げてしまうことでしょう。器も自らが選んだ有田焼を使用し、華やかな雰囲気です。これは長崎の卓袱料理から着想を得て、五島風にアレンジしたそうです。そのほかの前菜やデザートもこだわりの器に美しく盛られ、まさに見て楽しい、食べておいしい料理です。



絶品!五島ハヤシ

いつきさんは催事にも積極的に出展しています。年末に行われる富江の産業市で提供される石焼海鮮丼、長崎のデパートの催事で提供される五島牛ステーキ弁当は絶品で す。さらに新商品として「五島ハヤシ」の製造も始めました。五島牛を使用した贅沢なハヤシライスです。こちらはレトルトで保存が可能なのでお土産や贈り物にもぴったりです。



もうひとつの顔

そんな出口さんですが、じつは農家としての顔も持っています。かんころ餅の原材料となるかんころ(さつまいもをスライスして干したもの)、大根、大豆、そばを中心に、お店の料理にも使う野菜もご自身で育てています。若い頃から料理人一筋だった出口さん。最初こそ農家との兼業に抵抗があり、さまざまな苦労もあったそうです。しかし周囲の人々のアドバイスをもとに試行錯誤し、少しずつ満足いく野菜が作れるようになった今では、やりがいを感じているそうです。長年の技術と素材を熟知したいつきの料理の数々は誰からも喜ばれること間違いありません。記念日や大切な人との会食にぜひ「創作郷土料理いつき」をご利用してみて はいかがでしょうか。


 

 

写真上から)
1.いつきといえばこれ。味はもちろん、見た目も華やかで晴れの日にもぴったり 
2.久賀島の海老は、甘い人参とともに可愛らしい柚子の器で
3.スモークしたハガツオは噛みしめるたびに旨味がにじみ出てくる
4.鰭のあぶり
5.炊き立ての鯛飯はいくらでも食べることができそう
6.いつき監修の五島ハヤシはお店や催事で購入可能。税込892円
7.料理長の出口まことさんは農家としての顔も持つ。この日は北風が吹くなか、切り干し大根づくりをしていた





 

 




▷▷創作郷土料理いつき
  • 住所   :   〒853-0202 長崎県五島市富江町松尾662-3
  •  
  • TEL   :   0959-86-0635
  •  
  • 備考   :   ※予約は2~20 名まで。
    お料理は5000円/人から予算や希望に応じて用意が可能。
  •  
  • instagram   :   https://www.instagram.com/itsuki0358/