浜口書庫

富江は

「不思議な遺跡」が残る

勘次ヶ城

勘次ヶ城

かんじがしろ側面

 

勘次ヶ城レプリカ

 

井抗

 

謎の多い遺跡
   富江町の南東部の溶岩台地が広がる海岸には、勘次ヶ城という遺跡があります。

   山崎の石塁とも呼ばれ、長崎県の指定史跡になっています。火山岩でできた石垣の砦が、迷路のように積まれています。
   その長さは累計すると180メートルともいわれています。現在では茂みに隠れてその完全な姿をみることは難しいものの、当時の様子を復元したミニチュアが近くに展示されています。

   勘次ヶ城の正確な歴史は判明していませんが、とある言い伝えが残されています。

河童とつくった遺跡?
   それは、今から150年前、腕のいい船大工だった勘次が仕事中にとつぜん行方不明になるところから始まります。町民たちによる捜索の結果、富江から遠く離れた玉之浦の小川で勘次は発見されたものの、すっかり正気ではなくなっていました。
   この一件を人々は、父の代から欠かさず続けていた唐人の幽霊への供養を、勘次が仕事に没頭するあまりおろそかにしてしまったことへの祟りだといいました。
   そして富江に戻ってきた勘次は人目を避けるように山崎で暮らしはじめ、日中は物乞いをしながら、夜は河童と協力しながらこの石塁を築いたというのです。


倭寇の砦として
   とはいえ、勘次が石塁で暮らしていたのは事実だったとしても、私たちがその言い伝えを信じるのは、やや無理があるかもしれません。
   もう少し現実的なものとしては、13世紀から16世紀にかけて東シナ海を荒らして回った倭寇の砦だったという説があります。
   この海岸沿いの石蔵に、倭寇が密輸入品や強奪品を備蓄していたというのです。
   もしくは、江戸時代の密貿易の拠点だったとも伝えられています。勘次ヶ城の正面の海岸には、海に向かって指をさす大きな倭寇の像が建てられています。

人々を魅了する場所
   今では、勘次ヶ城周辺はサイクリングロードが整備されており、晴れた日には潮風を浴びながらサイクリングやジョギング、ウォーキングを楽しむことができます。
   近くには井抗という、長崎県の指定天然記念物である溶岩トンネルも存在しています。
   また、五島に故郷を持つスタジオジブリの美術監督だった山本二三さんは、その現実とファンタジーが入り混じる不思議な伝承を元に、在りし日の勘次ヶ城を想像して描くなど、そのダイナミックな風景や謎めいた歴史は、今も多くの人を魅了しています。
   ぜひ一度足を運んでみてください。